乾燥肌の対策には食べ物を選択すること

お肌の保湿力が低下し、皮脂や水分の分泌量が少ない乾燥肌は、肌の水分不足に悩まされがちです。肌が乾燥していると、紫外線や埃やカビなどのアレルゲンの影響で、赤くなったり、痒くなったり、炎症などが起きやすい傾向があります。低刺激の基礎化粧品を使用して、お手入れをすることも大事ですが、乾燥肌対策に役立つ食べ物を知っておく必要があります。食事は毎日するものなので、普段から乾燥肌の対策に効果のある食べ物を摂取することで、症状を軽減することに役立ちます。ビタミンAは皮膚の粘膜を強化する働きがあるので、ニンジンやかぼちゃなどの緑黄色野菜やあなご、うなぎなどを積極的に食べるようにしましょう。皮膚の新陳代謝を活発にする成分に、ビタミンB群があります。ビタミンB群が多い食材は、豚肉や、玄米といった食材になります。いちご、キャベツ、みかん、オレンジなど、様々な野菜や果物に含まれているビタミンCは、保湿成分でもあるコラーゲンの生成を助ける働きがある成分です。ビタミンEが豊富に含まれている食品には、血流を促進したり、優れた抗酸化作用があります。ビタミンEが多く含まれている食品には、アボカドやごま、アーモンドなどのナッツ類がありますので、積極的に摂取してみることをおすすめします。乾燥肌対策の食べ物は、気軽に購入できる食材ばかりなので、少し気をつければ誰でも栄養バランスの良い食事を心掛けることは可能です。ピタミンB群やビタミンCは、尿や汗になって体外に排出されるので、過剰に摂取したとしても体を害する心配はありません。食事の偏りがないように注意をすることは、乾燥肌対策だけでなく、年齢を重ねても若々しい体をキープしたいという人が、美容や、健康維持にも有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です