にきび痕を皮膚科で治療する方法

お肌ににきびができたときに、そのままにしている人もいますが、改善の見込みがない時は皮膚科で診察してもらうのもおすすめです。にきび程度で皮膚科に行くのはためらわれるという人もいますが、にきびがひどくなると痕が残ることもあります。若いころのにきびと、成人的からのにきびは、仕組みが違います。若い頃に出来るにきびは皮脂の過剰な分泌によって発生しますが、年齢を重ねる毎に改善されていきます。とはいえ、若いころはお肌の回復も早いですから、できたにきびを不用意に刺激しなければ、また、元通りのお肌にすることができます。成人してからできるにきびは、不健康な食事や、精神的なストレスによる肌の免疫力低下が原因です。回復が遅く、にきび痕ができやすいにきびになります。皮膚の快復力が衰えるのは、成人後は誰でも起こりえることですので、皮膚の回復は困難です。レーザーを用いた皮膚科の治療を施すという方法もあります。レーザーでしみやほくろを除去するという方法がありますが、にきび痕にも適用可能です。レーザーをにきび痕に当てる事でかさぶたを作り、かさぶたが取れるとかさぶたの下からキレイな肌が出来るのです。にきび痕がいくつもある時は、レーザー照射を一度で済ませることは無理ですので、まず施術回数や治療費について確認する必要があります。にきび痕の治療は、保険の適用外になることもあります。まずはカウンセリングを受けて、にきび痕の治療方法や、費用についてよく確認してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です